銀行のカードローンのメリット・デメリット

消費者金融のキャッシングの長所・短所

カードローン審査
貴方にピッタリのカードはこれだ!

消費者金融のキャッシングの長所・短所

消費者金融のキャッシングのメリットはお金を借りるのに必要な時間が短い点です。一般的に対面契約であっても1時間以内で借りられます。その上、必ずしも対面契約する必要がなく、殆どの消費者金融の場合、業者専用のATMで借りられたり、インターネットで借りられる様です。これらの無人契約は対面契約と比較しても更に短時間で借りられます。対面契約を含め、キャッシング時の審査が全体的に甘く、大半の消費者金融の場合、第三者を装った電話による在籍確認だけで承認に至る様です。そのため、借りる際の面倒な要素が少なく、お手軽に借りられます。しかし、借りられる金額が50〜100万円に制限される上、総量規制と言って他の消費者金融やクレジットカードと合わせて年収の1/3以上になる場合は借りられません。金利に関しては、昔は年30%弱の業者が多かった様ですが、今では年20%弱に下がっており、他の借金と比べると高いものの、30日間は金利を取らない業者が主流を占めています。

銀行のカードローンのメリット・デメリット

一方、銀行のカードローンのメリットは借りられる金額が高い点、及び、金利が低い点です。これらのカードローンをキャッシングと呼ぶ銀行も存在する様ですが、あくまでもカードローンであって、消費者金融のキャッシングと比較しても本格的なローンになっています。まず、借りられる金額が500〜1000万円と大変高い上、総量規制の対象にならないため、審査さえパスすればいくらでも借りられます。その上、金利が非常にお得になっていて、一般的には借りる金額によって変動するものの、消費者金融の約半分、年10%以内の業者が主流を占めています。しかし、消費者金融の様に簡単に借りられず、借りるまでに10〜20日程度の期間を必要とします。収入証明が必要な業者は勿論、中には担保や不動産を必要とする業者、連帯保証人が必要な業者も存在しています。この様に考えると借りる際のハードルが高い様に見えますが、借りる金額が低ければハードルが下がります。

キャッシングの申込はこちら