カードローンの金利は決して低くはない

借金依存症になる危険性

カードローン審査
貴方にピッタリのカードはこれだ!

借金依存症になる危険性

皆さんはカードローンを使用した事がありますか?
カードローンは非常に便利なものですが、デメリットを理解していないと危険性が高いツールだとも言えます。これから、そんなカードローンのデメリットについて説明します。

まず、第一のデメリットとして言える事は「借金依存症になる危険性」があるという事です。
これはどういう事かといいますと、カードローン自体の審査が今ではそこまで厳しくなく、昔に比べると簡単に審査が通ってしまいます。故に簡単にカードローンができてしまうという事です。しかもカードローンにはそれぞれに利用限度枠というものが設定されています。
利用限度枠とは一度カードローンを使用し、借金をしている状況でも利用限度枠の範囲内であれば、何度でも借金ができるという事です。これを聞いて「カードローンて便利だな」と思った方がいるとすれば、正にそこに「借金依存症になる危険性」があります。利用限度枠いっぱいまで何度も借金をするという事は得策ではありません。きちんと目的意識を持って、カードローンは利用すべきでしょう。

カードローンの金利は決して低くはない

さて、ここからは第二のデメリットに関して説明していきたいと思います。

これは知っている方もいるかもしれませんが、カードローンに関してはズバリ「金利が高い」という事です。先ほども少し説明しましました、カードローンの利用限度枠は人によってそれぞれ異なりますが、利用上限額が100万円位までで、金利が10%台付与されるというのが多いと思います。
実際に創造してみて下さい。少なく見積もって金利10%と仮定して、100万円借り入れます。返済期限は1年とします。これで1年間に100万円を借金した分の金利は10万となります。少なく見積もってもこれだけの金利を払わなければいけないという事です。
冷静に考えてもカードローンは決して金利が低いローン商品ではないという事です。
他のローン商品と比較してもカードローンの金利はやはり高いと言わざるを得ません。

要するに、カードローンとは審査が通りやすい反面、金利が高くなってしまうという事がデメリットとしてあげられます。もしカードローンを利用しようと考えている方はこの辺を十分に理解して利用する事をおすすめします。

キャッシングの申込はこちら