企業毎のカードローン金利差の真相とは

カードローン金利とは

カードローン審査
貴方にピッタリのカードはこれだ!

カードローン金利とは

当然ですが、カードローンを利用し、借り受けた総額である元本を全て返済するまでの間、
一定期間ごとに所定の金額が、いわゆる金利と呼ばれる形で追加発生します。
ただ、従来のローン契約が、その商品の種類や提供する事業者毎に利率が違ったように、
この特徴はカードローンにも適用されています。
例えば、ある金融会社提供のカードローンですと、一年間の間、ローンを利用し続けた場合、
年利として4.7%から18.0%の金額が追加で加算されます。
下限と上限が設けられている理由としては、実際に借りた金額である元本によって、所定の法律で
利息が定められているからです。
特に、借り受けた金額が安いほどに利率が高くなり、逆に、借り受けた金額が多くなるほど、
一年間に掛かる金利が安くなります。
また、消費者金融と呼ばれるタイプの業者が提供しているサービスと違い、都市銀行など、
大手金融機関が提供している商品の方が、利率が安くなる傾向があります。

企業毎のカードローン金利差の真相とは

上述したように、ローンサービスを提供している事業者毎に利率設定に違いがあります。
ですから、元本とは別に発生するこの追加費用を出来るだけ制限したい方は、この利率という
数字に着眼点を置いた上で、実際に利用するローン商品を選ぶと良いでしょう。
ただし、ここで注意が必要です。
企業毎に利率が違い、安い商品や高い商品があれば、大半の方は、利率の安い商品を選びます。
ですが、この利率の違いには大きな理由があります。
それが、事前審査の難しさです。
例えば、カードローンの場合、事前に専用のカードを取得する必要がありますが、この
カード発行の段階で行われる事前審査によっては、ローン契約を結ぶどころか、カードの
発行自体を拒否される場合が有ります。
特に、金利を安く設定している大手銀行などの商品の場合、利率が安い分だけ、この事前審査が
非常に厳しく設定されています。
これが、ローン商品を発売している企業毎に金利設定に差がある大きな理由です。

ですから、安定した収入を持っていない方や、職業などに何らかの不安要素がある方、或いは、過去に
金融事故を起こしたことがある方の場合、拒否される可能性が高い為、こうした点に該当する方は、
審査が比較的厳しくなく、金利設定の高いカードローンを選ぶ必要があります。


キャッシングの申込はこちら