指定信用情報機関からの照会情報による審査

自社のデータによる審査

カードローン審査
貴方にピッタリのカードはこれだ!

自社のデータによる審査

消費者金融のカードローンを利用する場合は、契約時における審査に通ることが絶対条件です。なお、貸金業法による上限金利の引き下げによって利幅が狭くなったため、消費者金融の審査は従来よりも厳しくなっています。つまり、貸し倒れを吸収するだけの利益が取れなくなったため、返済の確実な人にしかお金を貸せなくなりました。

ところで、カードローンの審査には2段階あり、自社のデータによる審査と、指定信用情報機関に照会したデータによる審査です。

自社のデータによる審査では、申込書類に記載されている申込者の年齢や勤務先、雇用形態、年収、他社借入の有無などの属性情報によって、大筋での貸出の可否を判断します。審査方法は、過去のカードローン事業における膨大な数の利用者の借入履歴の中から、年齢や収入、職業、雇用条件、勤続年数、住居、家族構成など、申込者と同様な属性情報を持つ利用者を抜き出し、返済実績を確認します。そして、申込者の返済におけるリスクを割り出し、融資の可否を判断しています。

指定信用情報機関からの照会情報による審査

もう一つの審査が、指定信用情報機関に登録されている信用情報によるものです。貸金業法では過去にあった消費者金融による過剰な貸し付けを防止するため、カードローン利用者の信用情報の共有を目的として「指定信用情報機関制度」が設けられています。

それによって、全消費者金融は指定信用情報機関に加入することが義務付けられており、また、利用者の契約情報や借入、返済の情報を指定信用情報機関に登録するシステムになっています。さらに、カードローンの申込を受けた時には必ず申込者の信用情報を指定信用情報機関に照会することが消費者金融に義務付けられたことで、総量規制の目的が達成されています。

従って審査においては、申込者の自社における借入履歴だけではなく、他社からの借入実績や返済事故の有無などを確認した上で貸出の判断がされています。そのため、総量規制の基準となる他社からの借入が年収の3分の1近くになっている場合や、他社の借入に対する滞納がある場合は審査に通ることはありません。

キャッシングの申込はこちら